<< [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第3ステージ | main | [新城幸也レポート] グランプリ プルエイ ウエスト フランス(ワールドツアー) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2015.06.25 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第4ステージ

    0

      トップと3秒差の総合2位で迎えた最終日は、3級山岳が3回とスプリントポイントが3回、そして、最後は例年通りリモージュの周回コースでゴールする178.8km。


      最前列から集中した表情でスタートする新城

      新城は昨年同様、このステージでの逆転総合優勝を狙い、チームメイトのアシストを受けながら、チャンスをうかがいます。

      しかし、序盤から総合順位を上げたい選手たちや区間優勝を狙う選手たちで形成された12人の先頭集団は最大5分の差を開き、途中のスプリントポイントでボーナスタイムを稼ぎながら、レースが進んでいきます。


      中盤では自らしっかり補給を受け取る新城

      メイン集団はリーダーチームを中心に先頭を追いますが、思うようにタイム差を詰めることができないまま1周12kmのリモージュ市街地の周回コースに入っていきます。

      ここで、12人の先頭集団に選手を送り込めなかったチームも積極的に前を追い始め先頭集団からも脱落する選手がでてきたことにより、いっきにタイム差が縮まります。

      最終周回に入った登りで逃げていた全員が吸収され、レースは振り出しに戻ります。ここで新城は最後のチャンスにかけアタックしますが、当然これには集団がすぐに反応。成功はしませんでした。


      チームメイトが新城をサポート

      その後カウンターアタックで5名の選手が飛び出し、ゴールまで残り5km。メイン集団はけん制し合ってしまったため、このまま5人が逃げ切り、新城は総合1位のマーティン・エミンガー(IAM)と同じメイン集団の中でゴールとなり、3秒差を詰めることができず、総合2位に終わりました。
       
      ゴール後の新城は無言でチームバスに戻りましたが、しばらくして、報道陣の前に姿を見せ、「目標だった2連覇ができなかったことが本当に悔しい。勝負どころは最後の周回だと考え、それまでチームメイトは完璧にアシストしてくれた。しかし、第一ステージで勝てずについてしまった秒差で、勝負が決まってしまい、その3秒を取り返すことができなかった。それがリムザンですから、次の課題ですね。総合2位を守ったことが最低限、出来ることはやったと言えるかな。たくさんの応援ありがとうございました。」と、レースを振り返りました。

      大会公式HP↓
       
      新城の次のレースは、9月1日グランプリ プルエイ(ワールドツアー)の予定です。
       
      今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

      (レポート 飯島美和)



      スポンサーサイト

      0

        • 2015.06.25 Thursday
        • -
        • 10:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        PR

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        categories
        links
        selected entries


        archives
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode