<< [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第2ステージ | main | [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第4ステージ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2015.06.25 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第3ステージ

    0
       
      今日は序盤と終盤にそれぞれカテゴリー2級の山岳中盤に3級山岳、そして、3回のスプリントポイントが設けられ、リムザン特有の丘陵地帯のアップダウンが繰り返されるサバイバルなコースレイアウト。加えて、スタート時にはぐんぐんと気温が上がり、暑さとの戦いにもなりました。


      第3ステージのスタートサイン台に、ゲストで登場したフランスプロラグビーリーグの人気選手たちとフォトセッションする新城

      序盤はいつもの通り、いくつかの逃げグループができ、それが吸収されてまた、次のエスケープを繰り返すレース展開の中、チームメイトらは新城を守りながらも、他のチームを消耗させるためトマをはじめ積極的にアタックし、ゴールまで新城を温存させます。


      チームメイトたちが新城のために前を引く

      その働きに答え、新城はゴール13km手前のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得することに成功します。

      そしてチームの戦略どおり、ゴールは集団プリントに持ち込まれましたが、ここまでアシストとして動いたチームメイトたちはメイン集団に残っておらず、新城は単独でのゴールスプリントとなり、20位でレースを終えました。


      リムザン特有のアップダウンを繰り返すコースをメイン集団前方でこなしていく新城

      レース後の新城は、「チームメイトたちは少ない人数で良く働いてくれていた。昨年の同タイムでの総合優勝っていうことがあるから、ボーナスタイムの重要性はとても感じているから、積極的に取りに行った。毎日の暑さに疲れているけど、消耗しているのはどの選手も同じ。明日はもちろんステージ優勝を狙うしかない!」と、語っています。
       
      現在総合トップ、リーダージャージのマーティン・エルミガー(IAM)もタイム差なしの同集団でゴールしていますが、新城がスプリントポイントで獲得したボーナスタイを差し引き、4秒あった総合のタイム差は3秒に迫り、明日の最終日を迎えます。
       
      明日の最終日は新城が得意とするコース、昨年のような逆転劇を起こせるか、2連覇に期待が高まります。
       
      大会公式HP↓
       
      今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

      (レポート 飯島美和)


      スポンサーサイト

      0

        • 2015.06.25 Thursday
        • -
        • 10:28
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        PR

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        categories
        links
        selected entries


        archives
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode