[新城幸也レポート] グランプリ プルエイ ウエスト フランス(ワールドツアー)

0
    昨日行われました、グランプリ プルエイ ウエスト フランス(ワールドツアー)のご報告をさせていただきます。

    ツール・ドゥ・リムザンを終えて1週間、コンディションを調整し万全の体調で臨んだワールドツアー、GPプルエイ。一周27kmのアップダウンを9周。


    スタートを待つ新城

    スタート直後、チームメイトを含む4名の逃げが容認され最大15分のタイム差が付くほどメイン集団はゆっくりとレースを進めていきます。

    レースが動きだしたのはラスト4周、逃げている4人のペースも落ち、集団は一気に差を詰め始めます。

    チームヨーロッパカーもレースを新たな展開に持っていくために、集団からアタックを繰り返しますが、新城には動きがありません。

    この時、チームのエースであるトマ・ヴォクレールは新城の調子の良さを確信し、「最後のスプリントに備え、温存しておくように。」と指示を出していたのです。


    快調に走っていた新城

    新城はその指示通り、集団が一つになり、レースが振り出しに戻った終盤の激しいアタック合戦には参加せず、前方の好位置をキープしながらゴールに備えます。

    しかし、最終周回に入り、前から10番手ほどで下っていた新城がまさかの落車。路肩のくぼみに落ち、肩を強打。さらに背中から右手にかけて擦過傷を負い、レースをリタイアすることになってしまいました。

    治療を終えた新城は、「自分の不注意だった…。すごく調子が良かっただけに、本当に残念です。肩が折れてなければ良いが、、、。これでシーズンを終えることにはなりたくないので。」と、語っていました。

    新城は右肩にヒビ、又は骨折の疑いがあり、明日、専門病院で検査をしますが、自宅で日常生活には支障なく過ごしております。検査の結果など、またご報告させていただきます。

    いつも、ご心配をおかけして申し訳ありません。

    今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

    (レポート 飯島美和)


    [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第4ステージ

    0

      トップと3秒差の総合2位で迎えた最終日は、3級山岳が3回とスプリントポイントが3回、そして、最後は例年通りリモージュの周回コースでゴールする178.8km。


      最前列から集中した表情でスタートする新城

      新城は昨年同様、このステージでの逆転総合優勝を狙い、チームメイトのアシストを受けながら、チャンスをうかがいます。

      しかし、序盤から総合順位を上げたい選手たちや区間優勝を狙う選手たちで形成された12人の先頭集団は最大5分の差を開き、途中のスプリントポイントでボーナスタイムを稼ぎながら、レースが進んでいきます。


      中盤では自らしっかり補給を受け取る新城

      メイン集団はリーダーチームを中心に先頭を追いますが、思うようにタイム差を詰めることができないまま1周12kmのリモージュ市街地の周回コースに入っていきます。

      ここで、12人の先頭集団に選手を送り込めなかったチームも積極的に前を追い始め先頭集団からも脱落する選手がでてきたことにより、いっきにタイム差が縮まります。

      最終周回に入った登りで逃げていた全員が吸収され、レースは振り出しに戻ります。ここで新城は最後のチャンスにかけアタックしますが、当然これには集団がすぐに反応。成功はしませんでした。


      チームメイトが新城をサポート

      その後カウンターアタックで5名の選手が飛び出し、ゴールまで残り5km。メイン集団はけん制し合ってしまったため、このまま5人が逃げ切り、新城は総合1位のマーティン・エミンガー(IAM)と同じメイン集団の中でゴールとなり、3秒差を詰めることができず、総合2位に終わりました。
       
      ゴール後の新城は無言でチームバスに戻りましたが、しばらくして、報道陣の前に姿を見せ、「目標だった2連覇ができなかったことが本当に悔しい。勝負どころは最後の周回だと考え、それまでチームメイトは完璧にアシストしてくれた。しかし、第一ステージで勝てずについてしまった秒差で、勝負が決まってしまい、その3秒を取り返すことができなかった。それがリムザンですから、次の課題ですね。総合2位を守ったことが最低限、出来ることはやったと言えるかな。たくさんの応援ありがとうございました。」と、レースを振り返りました。

      大会公式HP↓
       
      新城の次のレースは、9月1日グランプリ プルエイ(ワールドツアー)の予定です。
       
      今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

      (レポート 飯島美和)



      [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第3ステージ

      0
         
        今日は序盤と終盤にそれぞれカテゴリー2級の山岳中盤に3級山岳、そして、3回のスプリントポイントが設けられ、リムザン特有の丘陵地帯のアップダウンが繰り返されるサバイバルなコースレイアウト。加えて、スタート時にはぐんぐんと気温が上がり、暑さとの戦いにもなりました。


        第3ステージのスタートサイン台に、ゲストで登場したフランスプロラグビーリーグの人気選手たちとフォトセッションする新城

        序盤はいつもの通り、いくつかの逃げグループができ、それが吸収されてまた、次のエスケープを繰り返すレース展開の中、チームメイトらは新城を守りながらも、他のチームを消耗させるためトマをはじめ積極的にアタックし、ゴールまで新城を温存させます。


        チームメイトたちが新城のために前を引く

        その働きに答え、新城はゴール13km手前のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得することに成功します。

        そしてチームの戦略どおり、ゴールは集団プリントに持ち込まれましたが、ここまでアシストとして動いたチームメイトたちはメイン集団に残っておらず、新城は単独でのゴールスプリントとなり、20位でレースを終えました。


        リムザン特有のアップダウンを繰り返すコースをメイン集団前方でこなしていく新城

        レース後の新城は、「チームメイトたちは少ない人数で良く働いてくれていた。昨年の同タイムでの総合優勝っていうことがあるから、ボーナスタイムの重要性はとても感じているから、積極的に取りに行った。毎日の暑さに疲れているけど、消耗しているのはどの選手も同じ。明日はもちろんステージ優勝を狙うしかない!」と、語っています。
         
        現在総合トップ、リーダージャージのマーティン・エルミガー(IAM)もタイム差なしの同集団でゴールしていますが、新城がスプリントポイントで獲得したボーナスタイを差し引き、4秒あった総合のタイム差は3秒に迫り、明日の最終日を迎えます。
         
        明日の最終日は新城が得意とするコース、昨年のような逆転劇を起こせるか、2連覇に期待が高まります。
         
        大会公式HP↓
         
        今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

        (レポート 飯島美和)


        [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第2ステージ

        0

          今日はカテゴリー2級の山岳が2回とカテゴリー3級の山岳が1回、さらに3回のスプリントポイントが設定され、細かいアップダウンを繰り返すリムザン独特の激しいコース、185.7km。

          このレースは、各スプリントポイントにもボーナスタイムが付くので、総合を狙う上では、常に気が抜けないコースとなります。


          第2ステージのスタートサイン台で、昨日の走りを称えスポンサーから送られる特別賞を受け取った新城

           
          序盤の山岳ではチームメインのヨハン・ジェーンを含む4人の逃げが形成されますが、中盤で吸収され、直後の2級山岳でレースが動き、新たな4名の先頭グループが形成されます。

          この中にはTeamEuropcarの選手は含まれておらず、最大2分の差が開きますが、ゴール25km手前からはトマ・ヴォクレールなどが新城のために先頭グループを追いかけ、じわじわとタイム差がつまり、ゴールまで7kmを切ったあたりでメイン集団は1つになります。


          トマらのアシストを受け走る新城

          その直後、ゴールスプリントに備える動きの中、5kmを切ったところで集団の中で落車が発生。新城は前に飛んできた自転車を踏み越えて、ゴールスプリント。チームメイトのアシストもあり、11位でタイム差なしの集団ゴールでレースを終えました。


          ゴールスプリントで11位。総合は2位をキープした新城

          レース後の新城は、「今日はきつかった。コースも展開的にも…。落車があって本当に危なかったけど、トマをはじめチームメイトたちが、最後すごく引いてくれたから、頑張れた。明日はもっと厳しいレースになると思うけど、調子も良いし、最終日にまた逆転できるように考えて走る。」
           
          と、チームメイト2人がリタイアするというサバイバルレースに、さすがに疲労困憊の様子で語っていましたが、現在総合2位、タイム差も変わらず4秒差なので、最終ステージまで、逆転の可能性を大いに感じさせる展開となっています。
           
          大会公式HP↓
           
          今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

          (レポート 飯島美和)


          [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン 第1ステージ

          0
            本日からスタートいたしました、ツール・ドゥ・リムザンの第1ステージのご報告をさせていただきます。
             
            昨年の総合優勝者として、ゼッケン1番を付けた新城は当然、他チームからのマークがきつくなり、動きにくくなります。
             
            しかし、序盤はしっかりとチームメイトが4人の逃げに乗り、新城はメイン集団後方でレース展開を見極めます。勝負どころで新城自身得意のコースということもあり、積極的にレースを展開し、残り20kmで新城を含む有力選手11人の選手の先頭集団が形成され、ゴールまで10kmを切ったタイミングで新城はさらにそこからの逃げ切りを狙いますが、1名の選手が新城のアタックに反応。


            ツール・ドゥ・リムザン初日、積極的にレースを展開する新城

            結局2名でのゴールスプリントになりましたが、先に足を使い切っていた消耗の激しい新城は惜しくも届かず2位で第1ステージを終えました。


            ハンドルをたたき、悔しさを露わにゴールする新城
            レース後の新城は、「悔しいっ。勝ちたかった・・・。ツールぶりのレースで焦りと欲が出てしまったのが敗因。もう少し落ち着いてゴールスプリントに持ち込んでいれば…。
            でも、よく動けていたからコンディションは良いことが確認できた。今日の消耗は大きいけど、明日からも積極的に区間優勝を狙っていく!!」
             
            と、僅差の2位に悔しさを隠しきれない様子で語っていました。
            新城はステージ2位、総合4秒差の2位で第1ステージを終えています。

            2連覇に向けて上々のスタートを切った新城に引き続き、応援よろしくお願いいたします。
             

            大会公式HP↓
             
             今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

            (レポート 飯島美和)


            [新城幸也レポート] ツール・ドゥ・リムザン開幕直前

            0
              ツール・ド・フランス後、新城はフランス各地で行われる夏の風物詩、プロクリテに出場しながら、怪我の療養も兼ね、しばし休養を取っておりましたが、ツール・ドゥ・リムザンに向けて本格的にトレーニングを開始しております。


              トレーニング中に満開のひまわり畑を見つけて、おもわず寄り道する新城

              15日、新城自身2010年に優勝経験があり、フランスでもっとも歴史が古いと言われる、クリテリウム・ドゥ・キアンにチームメイトのピエール・ローランらと出場し、熱狂的なフランスのファンから大きな声援を受け、ポイント賞を獲得しました。


              ポイント賞でポディウムに上がる新城

              新城は、この後20日から始まるツール・ドゥ・リムザンまで、トゥールーズを拠点にミディ・ピレネー合宿に入っています。
               

              「1ヶ月近く休みが取れたので、体調は万全です。この合宿で乗り込んで感触を取り戻し、コンディションを上げてリムザンに臨みたい。2連覇はとても難しいことだと思うけど、まずはステージ1勝を狙って、チャレンジします!」
               
              と、昨年の総合優勝者として出場する心境を語っています。
               
              レースは20日〜24日までの4日間。
              TeamEuropcarからはトマ・ヴォクレールらも出場します。

              大会公式HP↓
               
              今後とも皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

              (レポート 飯島美和)


              [新城幸也レポート] ツール・ド・フランス2013 第20ステージ

              0
                ツール・ド・フランス第20ステージの新城の結果をお伝えいたします。

                明日のパリ、シャンゼリゼでのゴールを目前にし、本格的なラインレースは実質今日が最後。昨日のハンガーノックのダメージもなく、メイン集団で快調に峠をこなしていきます。


                本日5つ目の峠をメイン集団で順調にこなす新城

                山岳賞ジャージまであと1ポイントと迫っていたピエールは、スタートと同時に自らアタックし、最後まであきらめずポイントを重ねていきます。しかし、最後は総合上位の選手たちからも遅れだしてしまい、山岳賞ジャージを獲得することができませんでした。

                しかし、連日チーム一丸となって最後まであきらめずに果敢に攻めたことにフランス中のファンから称賛を受けることとなりました。さらに、ピエールからは途中のステージで、着用していたマイヨアポアを新城にプレゼント。働きに対してのお礼が伝えられました。

                最後までグルペットで走った新城は91位で、ゴールしています。

                「今日は調子が良かったから快調だったよ!去年みたいな大きな見せ場はなかったけど、やるべきことはやった。4回目のツールは毎日落ち着いて、順調に走ることができたと思う。落車はあったけど、リタイアするような怪我ではなかったし、あぁ〜ツールが終わったという実感はまだないけど、日本チャンピオンジャージで無事に100回大会のゴールを迎えられるのとてもうれしいよ!」

                と、最終日を前にツールを振り返りました。

                明日、新城がどのような表情でパリでゴールするのか、ご期待ください。

                皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

                (レポート 飯島美和)


                [新城幸也レポート] ツール・ド・フランス2013 第19ステージ

                0
                  ツール・ド・フランス第19ステージの新城の結果をお伝えいたします。

                  今日も厳しい超級山岳が2回、その後2級山岳を1回、さらに1級山岳2回と過酷なコースレイアウトの中、チームとしては区間優勝、そして、ピエールの山岳賞ジャージを狙うため、攻めの作戦でピエールは序盤の峠から積極的に逃げます。


                  2つ目のカテゴリー超級の山を越えていく新城

                  新城は2つ目の超級山岳もメイングループで超えていきますが、最後の峠でハンガーノック(エネルギー不足。血糖値が下がり過ぎてしまい、運動に支障をきたす症状。車のガス欠)で大幅に遅れだします。

                  後半降り出した雨がさらに新城の体温を奪います。チームカーも前方の集団に上がってしまったため、途中、日本人ジャーナリストの方にウインドブレーカーをお借りして、震えながらやっとのゴールにたどり着き、133位でレースを終えました。

                  「ダメだ…ハンガーノック。すぐに休みたいので…。
                  (ウインドブレーカーを貸してくださった)綾野さんありがとうございました。」

                  とだけコメントし辛そうな表情でチームバスの中にはいってきいました。

                  明日のステージを超えればいよいよパリが見えてきます。ダメージが残らないように回復していることを祈るのみです。

                  皆様の変わらぬお力添えをよろしくお願いいたします。

                  (レポート 飯島美和)


                  ジロ・デ・イタリア&ツアー・オブ・カリフォルニア2011

                  0
                    先週より連日熱戦が繰り広げられえているジロ・デ・イタリアに引き続き、5月16日(月)にツアー・オブ・カリフォルニア2011が開幕しました。

                    このツアー・オブ・カリフォルニアには、Type 1 Diabetes (=1型糖尿病)への理解を深めるというミッションを担ったTeam Type 1がCOLNAGOに乗ってエントリーしています。 

                    初日の第1ステージは雪のため中止となり第2ステージから始まったのですが、昨日17日(日本時間18日未明)に行われた第3ステージでは、そのTeam Type 1のゴール前のスプリントで今年から新加入したユーレ・コチャンが追い込み、9位に入っております。 

                    ここで、Team Type 1のツアー・オブ・カリフォルニア2011出場メンバーをご紹介いたします。

                    チームタイプワン
                    101 ルーベンス・ベルトリアーティ (Swi)
                    102 ラースロ・ボドロギ (Fra)
                    103  ウィリアム・ダッガン (USA)
                    104  アレクサンドル・エフィムキン (Rus)
                    105  アルド・イノ・イレシック (Slo)
                    106  ヴァレリ・サブレンコ (Ukr)
                    107  ユーレ・コチャン (Slo)
                    108  ハビエル・メギアス・レアル (Spa)

                    大幅にメンバーを増強したTeam Type 1は先日のツアー・オブ・ターキーでも、これまた新加入のアレクサンドル・エフィムキンが総合優勝しており、コンチネンタルプロチームとはいえ、カリフォルニアでも侮れない存在となりそうです。 彼等へのご声援もよろしくお願いいたします。


                    そして、ジロ・デ・イタリアの第10ステージでは唯一の日本人選手、別府史之選手(レディォシャック)が逃げを見せてくれました。 最後は集団に吸収されたものの、その果敢な走りにフーガ賞(逃げ賞)が与えられました。 これは昨年の新城幸也選手に続き、日本人選手2人目の快挙です。 おめでとう、別府選手。 

                    その別府選手を追ってメイン集団を長い間、牽引したのは我らがCOLNAGO-CSF Inoxの面々でした。 最後の直線では強豪スプリンター達に屈したものの、若手のサーシャ・モードロが直線で追い込み8位、今大会初めて上位に顔を出したマヌエル・べレッティが17位に入っております。 

                    さらにドメニコ・ポッツォヴィーヴォは総合28位、山岳賞争いではフィリッポ・サヴィーニがトップでマリア・ベルデを着用しており、こちらのコンチネンタルプロチームも何かやってくれそうです。


                    レースの詳細については『cyclowired』にてご確認下さい。
                    ⇒ http://www.cyclowired.jp/

                    T.Kai


                    第94回ジロ・デ・イタリア開幕、ダンケルク4日間レース

                    0

                      ジロ・デ・イタリアが今年も開幕しました。 

                      今年のジロにはチーム・ヨーロッパカーの新城幸也選手は出場しておりませんが、レディォシャックの別府史之選手がエントリーしており、第2ステージまで総合8位という活躍を見せてくれています。 

                      また、COLNAGOからはCOLNAGO-CSF Inoxの8選手がエントリー。 プロツアーチームより格下のプロコンチネンタルチームではありますが、今年も有名トップチームに負けない走りで感動を与えてくれそうです。 

                      COLNAGO-CSF Inox
                      41. ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ (イタリア)
                      42. マヌエル・ベレッティ (イタリア)
                      43. サーシャ・モードロ (イタリア)
                      44. ステファノ・ピラッツィ (イタリア)
                      45. フィリッポ・サヴィーニ (イタリア)
                      46. フェデリーコ・カヌーティ (イタリア)
                      47. シモーネ・ストルトーニ (イタリア)
                      48. ジャンルーカ・ブランビッラ (イタリア)
                      49. マルコ・フラッポルティ (イタリア)

                      昨日9日で第3ステージまで進み、第2ステージでは昨年のジロで涙のステージ優勝を果たしたマヌエル・べレッティが3位、第3ステージではジャンルーカ・ブランビッラが残り12.5km地点まで果敢な逃げを見せ、最後にはサーシャ・モードロが8位に食い込んでおります。

                      まだまだ始まったばかりですが、今年はどんなドラマが展開されるのでしょうか。
                      (レースの詳細は『cyclowired』にてご確認下さい。)


                      そんなイタリアをよそにフランス北部で5月4日(水)〜8日(日)に行われた4 Jours de Dunkerque (ダンケルク4日間レース)において、チーム・ヨーロッパカーのトマ・ヴォクレール選手が総合優勝を飾りました。 このレースでヴォクレールは4日目にステージ優勝し、そのまま総合トップを守りきりました。 これでヴォクレールは今シーズン7勝目。 ツール・ド・フランスに向けて更に調子を上げてきています。 

                      このレース、なんとミスターシクロクロスのスヴェン・ネイス(ベルギー・ランドバウ・クレジット)が総合47位に入っておりました。

                      T.Kai


                      と、ここまで書いていたのですが、5月9日(月)のジロ・デ・イタリア第3ステージにおきまして、とても悲しい事故が発生しブログのアップを躊躇っておりました。 3級山岳の下りで落車したレオパード・トレックのワウテル・ウェイラント選手(ベルギー)が頭部を強打して、帰らぬ人となってしまったのです。 とても悲しい出来事で、言葉がありません。

                      ワウテル・ウェイラント選手のご家族、ご友人、チーム・レオパードの関係者の方々に哀悼の意を表し、ウェイラント選手のご冥福をお祈りいたします。




                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      categories
                      links
                      selected entries


                      archives
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode